top of page

曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

どんなコトがあっても僕は書く


書くというか、打つ。

イマンジーの夜明けは近い。

パソコンでキーボードを叩いて文章を表示させている。

書くというには少し違和感があるのではないでしょうか。

それでも僕はこの日記を続けたいんです。

何故なんでしょう。

もうずっと続けているから。

多分、この理由が一番シックリくる気がします。

思えばアメーバブログから書いてます。

そしてココに自分のホームページを作ってからは感じたり体験したり作ったりしていることを具体的に残していこうと決めました。

その方が読んでる人に、と言うか実際は自分に残しておきたいんです。

今日という日に自分が感じてる意味を。

たまに自分の日記を読み返すと面白かったり、嫌な気持ちになったりつまらなかったりするんですよ。

それでもイイんです。

誰かのものまねじゃない、自分だけの文章がそこに表示されているから。

あ、たまには誰かのネタをパクってるのもありますよ。

そういう意味では健全ではないのかもしれません。

こうして続けていると読んでるよって言われるコトも増えてくるもんです。

言ってもらえると嬉しさ反面、少しの照れがありますよね。

毎日の通勤の合間に読んでるとか寝る前に読んでるとか気になった時だけ読んでるとかほぼ読んでないとか。

なんでもイイんですよ!

そうやって意識してもらえるってそうそうある経験じゃないでしょう。

だからこそ僕はどんなコトでも書こうと思えるんです。

もちろん自分のためにってのが半分、誰かのきっかけのためにが半分。

こうして僕は続けていく!

閲覧数:1回0件のコメント

Comentários


bottom of page