曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

メイクして出かけよう!


深夜の暗闇にひっそりと咲く一輪草、イマンジー草。

今宵も朝方の冷え込みに照らされて究極の擬人法を探りたいと思います!


僕が使ってるアンプ。

ギターの音を出すスピーカーのコトです。

コレはアンプ自体で三種類ほどの有名な会社の音を真似るコトが出来ます。

マーシャルとかボックスとかフェンダーとか。

僕は専らフェンダー系かな。

練習なので一番扱い辛い音で弾きたいんですよ。

ミスを目立たせないと練習にならないじゃない。

と言う訳で基本的にすべ店舗演奏をクリーンな音で練習してますよ。

速弾きもメタルのリフもロックなフレーズも。

ジャズとかカントリー、ファンクはクリーンです。

元々がクリーンなジャンルでもありますからね。

練習以外ではそこそこ音を作ってますよ!

あらゆる手を尽くして綺麗に聴こえる様にしないと。

化粧身だしなみって感じでしょうか。

ちなみにすっぴんはクリーンな音でミスが目立つ音だとしたら化粧するって言うコトは弾く曲に合わせて音色を作るコトです。

メタルなどの激しい曲なら思いっきり歪ませてギャル風メイク。

少し落ち着いた感じのロックな曲なら歪ませすぎない程度に音を作ってくっきりメイク。

ポップ曲調ならクリーンな音をメインにナチュラルメイク。

ファンキーなカッティングならイコライザーを調整してカッティングが冴える様な目ヂカラメイク。

ジャズな感じなら中域をふくよかに上品なメイクと言った感じでしょうか。

音楽のジャンルの数だけ音の作り方、メイクの仕方が変わりますからね。

ちなみに僕が使ってるアンプはまた詳しく説明しますのでお楽しみに。

音のメイクって、そんなに簡単じゃないですよ!

#アンプ #化粧 #メイク #ジャンル #音作り #練習 #ミス

0件のコメント

最新記事

すべて表示

人生の言い訳ってどんな時間

今日はいっぱい食べた! イマンジーの食事は努力の賜物。 最近はすっかり写真を撮っていない。 特に何かしてるわけじゃないから。 自分にとって珍しいコトでもあれば撮るんでしょうけどそう言うのも最近ないし。 こんな時だからこそ新しい何かに挑戦したい気持ちになった方がイイのでしょうか。 常に攻撃。 ココで言う攻撃って新しいコトを始めて自分自身の感性に攻撃する。 守りに入らずに。 ついついいつもの形で可もな

ダイヤモンドの輝き

綺麗に輝くモノに人は引かれるのでしょうか。 イマンジーも綺麗なのは好きですよ! 埃のない机とか。 ダイヤモンドのあの形、実は考えられて形って知って驚いた所。 見た目の問題じゃなくて光について。 ダイヤモンドとかの宝石がなぜ人を惹きつけるかって光り輝く神秘的な雰囲気があるからだとした場合、その光り方を最高にする為に考えられてるのです。 光りがあのひし形みたいな形に入った時に内部で反射して外に出て行く

© 2018 by Imanjy Music

全ての問い合わせはこちらへ