曲を聴くのは

こちら

音楽教室は

こちら

メートル法の極意


世の中にはいろんな単位があります。

そもそもアメリカに行ってややこしくなるのが長さを表す単位。

イマンジーの悩みのタネ!

僕がアメリカに行った理由。

ジャズとブルースを通してアメリカの文化や英語の発音を学ぶ為。

そんな中、出会えた人たちにはいまだに感謝の言葉しかありません。

ジャズやブルースで思いつくコトってなんでしょうか。

もろにアメリカの歴史です。

そもそもアメリカって国は日本より歴史が浅いんですよ。

ですが世界の最先端をいく成果を沢山持っています。

僕が思うに、こういうコトがアメリカの意味なんだと思います。

というのもアメリカって国はヨーロッパの人達が集まった歴史があるんです。

そこに奴隷としてアフリカから連れてこられた人達。

これらの登場人物を知っておくとわかりやすい。

移民。

移ってきた民なんです。

地球のいろんな場所から。

ちなみに日本。

単一民族国家。

主には日本人しかいません。

同じ肌の色。

言葉が違うと言っても方言がある程度。

アメリカは肌の色が違いますよ。

話す言葉も地域によって様々。

隣から聞こえてくる言葉が英語ばかりとは限りません。

そんな環境に生きているとそこに見合う考え方が身につくんでしょう。

ジャズやブルースと言った音楽はこんな土壌の中で新しい音のつながりが出来ていきます。

もちろんヨーロッパから入ってくるクラシック音楽も。

僕が思う最も聴きやすいクラシックは映画音楽です。

そのド派手な最高峰、ハリウッド映画の音楽と言えば想像しやすいんじゃないでしょうか。

ダースベイダーのテーマでおなじみのスターウォーズ。 不気味な出だしのジョーズのテーマ。

パイレーツオブカリビアンの勇敢なテーマ。

まだまだいっぱいありますが、そんな中でも僕が最近聴いてるのはこちら!


シビれます!

こういう音楽の感性がハリウッド。

そして日本向けの音楽ではないのですが僕にはこういう音楽が憧れ!

#アメリカ #移民 #ジャズ #ブルース #ヨーロッパ #クラシック #テーマ #アベンジャーズ #ダニーエルフマン #パイレーツオブカリビアン #ハリウッド

最新記事

すべて表示

なんか違うって言う足元見る感じ

思う様にいかない。 一体何が違うと言うのだろうか。 イマンジーわからなくなりそうな時ってココじゃない! 何か違う。 思い通りにいかない。 そんな時に出来ていないのって何でしょう。 この違和感の正体はまず必ずあると言うコト。 気のせいなんかじゃない。 じゃあ何なのか。 それを探るためにやるべきコトと言えば足元見るコト。 よく不利な立場に置かれる人が足元見られたとかって言いますけど僕が思う足元は本当に

連載がようやくと文化庁ひと月待って再提出

あれ、もう土曜日だったの!? イマンジーは曜日感覚失われつつあるのだろうか。 これから一体どうなっちゃうのでしょう。 まだようやく役者が揃って面白くなりかけてきた頃。 これからお互いの音、違う楽器同士がどんな関係を作り上げていくのか。 楽しみですね! ってか、忘れてました。 本当は前回の日記で公開する予定でしたが配信授業の日記書いたら満足しちゃってましたよ。 反省はしなければなるまい。 今回の連載

© 2018 by Imanjy Music

全ての問い合わせはこちらへ