曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

DTM 始める 三曲目 オーディオインターフェイス


オーディオインターフェイスは音の通過するところ。

イマンジーもいくつか通過してきましたよ。

やっぱり音の違いはあります。

けど最初はわからないので見た目や直感で選ぶのがイイ!


オーディオインターフェイスってパソコンと現実世界との間に入って仲を取り持つ通訳者と言ったところです。

どんな良いパソコンと凄い作曲者がいても真ん中で通訳する人が適当だったら間違って伝わってしまいます。

間違って伝わってしまうってコトは音が適当になってしまう。

そうなるとどんな良いスピーカ使ってても適当な音しか出てきません。

逆にどんなに良い性能のパソコンを使ったとしても適当な音にしか翻訳されないんです。


そんなスピーカーとパソコンの間に挟まれた中間管理職、オーディオインターフェイス。

僕が使っているのは ZEN STUDIO って言う商品。

当時の値段は ¥270,000 程度。

高いですけど高域や低域のキレがある澄んだ音は音の聴き分けの助けになってくれています!

しかしもう廃盤になったので販売はしておりません。

たまに在庫処分のセールで見かけますけど ¥120,000 程で売られていて時間の流れを感じたところです。

ってか買いですやん!?

ちなみに高いのと安いのの差はまずは音質。

その次に入力端子や出力端子の数、言い換えれば出来るコトの多さの違い。

こういう風に思っておいてもらえたらイイと思います!


そんなオーディオインターフェイスの最初に買ったらイイんじゃないかと思う安いのを調べてみました。

ROLAND ¥16,000 程度


YAMAHA ¥13,000 程度


ZOOM ¥7,500 程度


M-AUDIO ¥14,000 程度


まだ他にもあるんですが僕の基準は一万円程度で買えて壊れにくそうで無難なモノ。

この基準だとこうなります。