曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

仕事の対価を考えると適正な金額がわかる

春になってお花見もしたというのに寒い。

朝から凍えるかと思ったイマンジーです。

気をつけないと本気で風邪をひきそうなので本気出さないように気をつけよう。

沖縄行きが決定しましたのでその日はスマホの電源切っとこうかと思います。

お金を貸す時、銀行は相手の支払い能力を考えて貸す。

月々の返済が滞れば貸したお金が返ってこなくなる。

そうすると利益が出ないので自分の首を締めるコトになって貸したお金すら返ってこないようなコトがあれば商売として成り立たない。


この返済するってコトが重要。

借りたら返す。

大きな仕事だと大きな金額が動く。


仕事をするって考え方によってはお金を貸すってコトに似てると思うんです。

何かを提供した代わりにお金などの対価を受け取ります。

仕事にお金を払ってもらう時には相手の支払い能力を考ないと負債になる。

大きい小さいに関わらず仕事をお願いするってお金を貸すコトだからお願いした人とのやり取りが負債にならないように金額を考える。


負債って自分が被る迷惑。

利子って自分が得るモノ。

相手の出来るコトをしっかり把握してお願い出来ればとお互いにとって資産に。

見誤れば負債に。

相手の能力を知らないのにお願いは出来ません!


#仕事 #対価 #適正 #金額 #負債 #能力 #お金 #相手 #迷惑 #利子

閲覧数:27回0件のコメント