曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

表情の変化がもたらす印象の過去

徐々に筋肉痛が緩和されてます!

イマンジーの肉体はあと少し。


顔の表情って人を表すって言うけどそれってその人の人生の中でどんな感情が多いかで決まると思うんです。

もちろん骨格とかの影響もあると思うんですけど。


いつも怒ってる人、いつも笑ってる人、いつも悲しんでる人などそれぞれの感情の割合が人それぞれ違います。

そしてその表情を作るのは顔の筋肉。

その筋肉がどんな表情に慣れてるかって考えたら毎日の積み重ねの大きさがわかる。


初対面の印象でどう思われるかってこう言う要素も大きく影響があると思うんです。

そんな表情を作る為にはその人の周りの人間関係とか取り巻く環境が必要。

そこで笑えてるかなどが要因になりますけどその次にもう一つ、考え方がある。

いつも楽しく考えれる人にはそう言う環境と表情が、逆の人にもまたそれぞれの環境と表情が。


どんな表情が多い人が印象イイんでしょうね。

優しい顔っていうのはどんな表情何でしょう。

笑ってる表情が最高な訳でも悲しんでる表情が最高な訳でもないとは思います。

苦労をわかった上で笑える表情ってのがあるのならそれこそが僕の求める最高なのかも知れません。

相反する二つが共存できるってなかなかないと思います!

閲覧数:5回0件のコメント