曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

仕事としての好きと趣味で続ける好きの違い

とりあえず 10曲と関係ない曲ちょっとやって今日が終わっていく。

イマンジーの約束は睡眠の果てに消えていく!

自分の緊張感の無さに驚きを隠せません。

ってか 25曲は夢物語だとしても寝なかったらもっと終わってたのにな〜。

そんな無駄な考えを捨てて明日と言うか今日に期待しよう。


好きなコトを仕事にするなは僕がよく言う言葉ですがこの時の好きと仕事として好きになれの好きは別物。

まず仕事ってどんなモノなのかって言うと制約があるんです。

時間の制約、納期。

お金の制約、予算。

感情の制約、どこでも同じモノを。


コレらの制約があっても楽しく達成感を持って取り組める人なら仕事は楽しく、好きになれる。

でもコレって一般的な好きの解釈とは違います。

一般的に好きって言ったらなんの代書も求めずなんの制約もない状態が好きなんです。

コレが趣味で続けた方がイイ人の好き。


趣味でやる時に納期なんてないし予算も自分の持ってる分を好きなだけ使えます。

気持ちの面でも乗り気にならなかったらやらなきゃイイだけ。

仕事でこんなやり方したら一瞬で潰れますよね。

ってか仕事にならないからお金ももらえない。

プロって言葉を使いたいなら好きの意味から理解した方が商売への近道になるって言っても一日寝てたやつが言っても説得力に欠けるわ〜!

閲覧数:4回0件のコメント