曲を聴くのは

こちら

音楽教室は

こちら

音源 EWQL Hollywood Strings Diamond / EASTWEST 最終章 パソコンの能力に応じた使い方

いよいよこの記事で最後です。

もうこの先はありませんよ。

イマンジー感動で前がよく見えてます!


前回まで三つ紹介したやり方の注意事項です。

複数の楽器を同じトラックにマイクポジションも含めて送るコトができます PLAY エンジンでミックスするコトもできます。

その場合はもちろん同じトラックにバウンスが完了する。

このやり方でバウンスを幅広く出来る様になります。

ただし出力については DAW の上限までですけど。

そしてもしプラグインを各出力先に使う場合、外部出力に設定されます。

いくつかの楽器を 3 - 4 の出力から出した場合はそれに該当するオーディオトラックがあればそこにまとめられますので一括で処理ができます。



番外編 もし一つのマイクポジションだけだったら

もちろん一つのマイクポジションだけでも作れますし、そんな時は MAIN マイクがイイ。

そしていくつかのケースでは CLOSEMID マイクを使うのもアリだと思います。

しかし SRNDVINT マイクに限ってはホールの反響を多く含んでいるので使わない方がイイ。

ってかお勧めは出来ません。


ココまでで終わりです。

この後は使用許諾が続くけどココは使い方関係無いからイイでしょう。

長きに渡って楽しみにして下さってた方も偶然見られてる方もありがとうございます!

もし好評であれば次も何かしら考えるかも知れません。

それでは、また!


#eastwest #hollywood #strings #diamond #gold #打ち込み #system ミックス #パソコン #main close microphone 記事 マイク #最後

© 2018 by Imanjy Music

全ての問い合わせはこちらへ