top of page

曲を聴く

こちら

音楽教室

詳しく

Palette 番外編 MIDI の反応が異様に遅れる時はバッファじゃない

問題が起きると焦りますよね。

イマンジーは一瞬飛んじゃいましたよ。

でも解決しました!

先日買った Palette をワクワクしながら打ち込もうとしたらなんか変。

何が原因かはわかりませんが鍵盤を押した音が数秒後に鳴る。

多分 5秒くらい。

もう遅れるの域を凌駕してる!


試しにリアルタイム録音で CC11 を同時に録音してみても反応遅過ぎて音すら出ない。

もはやエラーですよ。

ふと思い立って Palette を外すと問題が起きない。

ってコトはせっかく買ったのに使えないオチ?!

と思いそうになりましたがとりあえずネットで調べるとバッファがとか書いてるのしか出てこない。

ただの遅延と呼べる程度の遅れならバッファの値を大きくすれば解消されるんですけど今回は該当しないので次。

ってか記事がないのでどうしたもんかと考えてみた所、Palette の接続を USB ハブで行ってるのが目に止まる。

試しにパソコンと直に繋いでみると直りました。

全く遅延なく使えます!

ちなみに僕のパソコンは USB 端子を増設してあるのですがこの増設の端子だと先ほどの問題が起きてしまう。

純正の最初からある端子だけが機能します。

MIDI があまりにも遅延する時ってバッファじゃなくてコントローラーや端子を刺す場所の都合も影響があるの知っておいて損はない!


#palette #usb #midi #palettegear #遅れる #遅延 #録音 #反応 #cc11 #cc1

閲覧数:32回0件のコメント

コメント


bottom of page